かにしげ 佐賀大和店、佐賀市にある個室でいただくカニ懐石とカニ鍋の店

かにしげ佐賀大和店は、高速佐賀大和インター近くの梅の花グループの蟹料理のお店です。

かにしげのお店は、外観も内部も純日本風の作りです。
部屋は、2階に個室と1階に大部屋があります。

1階の大部屋は、パーテーションで区切ることができ、少人数に対応しています。
2階の個室は、迷路のような廊下を通り茶室のような間口の低い趣のある純和風の部屋です。

かにしげで予約すると基本的には、2階の個室に案内されるようです。
エレベータはありませんので、階段が苦手な方は予約時に言えば対応していただけます。

かにしげの席は、掘り炬燵風で正座する必要がなく楽です。
懐石料理は、時間を見計らって順次運ばれてきますので、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく頂けます。

部屋係の人が決まっていて同じ人がお料理をもって来てくれますので安心です。

最後に係の人がサービス券になった名刺をくれます。
名刺をもらうだけで親近感がわきます。

アプリや、ぐるなびでサービス券を発行していて、誕生月には特別なクーポンが配信されます。
メニューは、

・蟹懐石
3500円~12000円

・蟹鍋
5700円、7500円

・ランチメニュー
2500円~3980円

・その他
ホームページには、掲載されていないカニ味噌、蒸し蟹など。

店名 かにしげ 佐賀大和店
住所 〒840-0201 佐賀県佐賀市大和尼寺四本松3761-1
電話 0952-64-8555

うなぎ家 しば福や、名古屋市西区にある本格ひつまぶしを味わえる鰻料理店

2020年も早くも7月を迎えましたが、7月21日といえば土用の丑の日。
うなぎが食べたい季節がやってきましたよね。

うなぎといえばひつまぶしですが、ひつまぶしは名古屋名物の一つであり、多くの地元住民によって愛されている食べ物であります。
名古屋でひつまぶしを食べるなら僕がおすすめしたいお店は、国際センター駅近くにある「うなぎ家 しば福や」 です。

しば福やは、名古屋にある名店「うな富士」出身の大将が営業しているお店。
ひつまぶし(4500円)、うなぎ重(4750円)、白焼き(3500円)、肝焼き(1400円)などといったうなぎづくしメニューを取り揃えておりますよ!

うなぎ養殖家・鰻専門店の実家で育った厳選された鰻を熟練の技で外はカリカリ、中はふわっとした食感に焼き上げ自慢のタレを絡めて丁寧に仕上げています。
他の地域のうなぎ店では中々味わえない肉厚なうなぎを腕前確かな大将がさばくのだから本当に贅沢なんです!

しば福や店内の雰囲気は昔ながらの情緒溢れる雰囲気といった感じで清潔感も感じられとても落ち着いた雰囲気ですね。
値段は少々張りますがせっかくの土用の丑の日ですしそんな特別な日に本格的なうなぎを堪能するのもありでしょう!

お近くにお住みの方は、しば福やに是非来店してみてはいかがでしょうか。

店名:うなぎ家 しば福や
住所:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目23-10
電話:052-756-4829

角丸、岐阜県関市東門前町にあるさすが老舗の鰻料理店

店名:角丸
住所:岐阜県関市東門前町21
電話:0575-22-0415

角丸の場所は新長谷寺というところにつながっている通りに位置するところで、昔からやっていそうな雰囲気があるすごく古いお店です。
外観も古さを感じる作りで、角丸は雰囲気を感じさせます。

角丸の駐車場はお店の奥にあり、車から降りてから入り口に向かうと、ちょうどウナギを焼いているところを見れます。
ここからもいいにおいを感じることができますので、早くも食欲をそそる感じです。

昼食の時間帯にいたので、そこそこ混んでいる状況。
ちょっと待ってから席に座らせてもらい、すぐに上鰻丼を注文させてもらいました。

しばらくするとしっかりと焼きあがった、うな丼のご到着。
早速ご自慢のウナギからちょっと食べてみると、表面はしっかりと焼きあがっており、サクサクっといい感じの触感が口の中で感じられます。

それでいて、身は柔らかく脂身もたっぷりという感じでこれがうまい。
たれとの相性も良く、かなりおいしくいただけたと思います。

ついてきたお吸い物や漬物もなかなかで、汁は薄味ながらもいい味が出ており、うな丼の味を壊さない感じがよかったです。

角丸は店員さんの愛想もよく、居心地のいいところだったと思います。
また機会があったら食べたいです。